含水率とは?(コンタクトの用語)

コンタクトレンズを買おうと思って店舗に行くと、含水率って言葉を聞くことがありますよね。でも、この「含水率」って、何なのでしょうか。私はコンタクト暦が長いのですが、ずっと知りませんでした。

コンタクトの含んでいる水分の割合のことを含水率と言いいます。なぜ、コンタクトの店舗で、よく含水率という言葉を聞くのかというと、コンタクトの性能と相関があるためです。
具体的には、「含水率」が高いと目に酸素を通しやすくなります。眼にとって、酸素は必要不可欠なので、店舗では含水率が高いものが薦められるというわけですね。
しかし、酸素の透過度は、レンズの薄さや汚れにも左右されるので、一概に含水率が高ければいいというわけでもありません。
また、含水率が高ければ、コンタクトレンズが水分を吸収してしまうので、目が乾きやすくなります。なので、高含水率のコンタクトレンズは、ドライアイの人にはお勧めできないのです。
あと、コンタクトレンズの汚れが目立つのは、含水率が高いことが問題のようです。汚れれば、すぐに換える使い捨てコンタクトであれば、問題なしですが。
というわけで、含水率の特徴がわかった上でコンタクトレンズを購入すればよりいいのではないでしょうか。

コンタクトレンズのネット通販
ネットでは、普通の店舗と違って、処方箋なしでも、コンタクトレンズを購入できるネットショップがあります(もちろん、適法)。しかも、価格も普通の店よりも安い!
コンタクトが激安!通販の一覧
処方箋なしでOK!コンタクト激安通販(体験談)
コンタクト 通販
コンタクトレンズ 通販
コンタクト 処方箋
格安コンタクト
安いメガネ
視力回復
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリを飲んだり、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受ける方法があります。レーシック、イントラレーシックは聞いたことがないかもしれませんが、有名人も手術を受けています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング